【超初心者向け】海外でサーフィンスクールに参加する前に知っておくといいサーフィン英語

インドネシア

年に数える程度しかサーフィンをしない私ですが、
一丁前にサーフトリップと称してバリ島のクタビーチへ。

超初心者の私は現地のサーフィンスクールに参加しました。

実際にスクールでインストラクターの先生が使っていた英語を紹介しますので、
今後のサーフトリップに役立つと嬉しいです。

まず初めに聞かれて「???」になった質問が「Goofy or regular?」

ボードの上に立った時に、右足が前にくるスタンスをGoofy(グーフィー)
その逆に左足が前にくるスタンスをRegular(レギュラー)といいます。

自分はどっちのスタンスなのか確認をしておきましょう。

実際に使った英語

「turn the board(ボードの向きを変えて)」

「get on the board(ボードに乗って)」

「stand up(立って)」

「look forward(前を向いて)」

ボードに立つタイミングが

「too fast(早すぎる)」

「too late(遅すぎる)」

ボードの上に立つ位置が

「too ahead(前過ぎる)」

「too behind(後ろ過ぎる)」

ボードに立った時の足の幅が

「too wide(広すぎる)」

「too narrow(狭すぎる)」

まとめ

インターネットで「サーフィン用語・英語」で調べると、たくさん難しい単語が出てくると思います。

しかし、実際に現地のスクールに参加してみると難しい単語は全く出てこず、すべて中学レベルの英語で意思疎通が可能でした。

サーフィンのレベルがアップするにつれて難しい用語も出てくると思いますが、初心者の方は最低限、上記で紹介した英語を覚えておけば大丈夫だと思います◎

もし海外のスクールに参加するかどうか迷われていたら、不安に思わずチャレンジしてみてください。

楽しいサーフトリップを!

タイトルとURLをコピーしました