世界旅行記2018【ロシア】W杯観戦④ベルギー戦 in ロストフ編

Football
スポンサーリンク
2018年6月12日〜2018年8月2日(52日間)
日本→フランス→ポルトガル→ロシア→イスラエル→モロッコ→スペイン→日本

■7月2日 5:19am ヴォルゴグラード → 15:49am ロストフ

私にとって最後となるW杯観戦。

まさか日本が決勝トーナメントに行けるとは思っていませんでしたが、
希望と期待を込めてTST4(日本の試合が4試合観れるチケット)に申し込んでいたので
運良くここまで来ることができました。
※グループリーグで敗退した場合は日本の代わりに勝ち上がったチームの観戦

決勝トーナメントに連れてきてくれた日本代表に感謝。

さて、ロフトフに到着し、試合開始まで時間があったのでFAN FESTへ。

フェイスペインティングをしてもらい、マスコットキャラクターのザビワカ君と記念撮影。

スタジアム近くまでバスに乗って向かい、バス停からロストフアリーナを目指して歩きます。(遠い!)

スタジアムから見た夕日がとても印象的でした。

7月2日 21:00 ベスト16 日本 vs ベルギー@Rostov Arena

ベスト8を目指し、日本選手一丸となってベルギー戦へ。

2点リードするも追いつき追い越され、結果2−3で逆転負け。

日本のワールドカップが終了。

ホイッスルが鳴って、ただただ悔し涙しか流れませんでしたが
「日本はよくやった!いい試合だった!」と
周りにいたたくさんの人が日本を褒め称えてくれました。

W杯開幕前、観る気にもならないようなつまらない試合をしていた
日本代表が予選を突破すると誰が信じていたでしょうか。

8強は逃してしまったけど、本当にいい試合でした。

日本代表を誇りに思います。

帰り道から見たスタジアム。

この時はまだ悔しい気持ちの方が大きかったですが、
いい夢を見させてもらったなぁと青く光り輝くスタジアムを見て
ワールドカップに来て良かったとしみじみ思いました。

ありがとうニッポン!

2022年も絶対に現地観戦するぞと帰りの列車の中で決意。