【大会レポ】ビーチサッカー国際親善大会2019@明石大蔵海岸

Football
スポンサーリンク

2019年9月27〜29日の3日間、明石市の大蔵海岸にてビーチサッカー国際親善大会が開催されました。

会場

兵庫県明石市大蔵海岸公園

会場には特設スタンドが設置されていました。開場は試合開始2時間前です。

手前の折りたたみ椅子は選手・関係者席なので座れません。

スタンド席は4列。1番前の席は目線が柵とかぶるので上段がおすすめです。

ビン、缶、600mlを越えるペットボトルはここで紙コップに入れ替えます。水筒はOK。

両ゴール裏にも椅子が2列ずつ準備されていました。

ゴール裏からみるシュートは迫力満点。

第1日目:タヒチvsスペイン

初戦はタヒチvsスペインです。

2019年9月現在の世界ランキングでは、スペイン7位、タヒチ9位、日本12位という順位。

タヒチは2017年のFIFAビーチサッカーワールドカップで準優勝した強豪チームです。

試合開始前にはタヒチ代表によるハカが披露され、会場は大盛り上がり。

15:00スペインのキックオフでゲームは始まり、スタート直後スペインが早々に点を決めます。

その後両チームの打ち合いが続き、1試合で15点もの得点がうまれました。

7−8で初戦を制したのはスペイン代表。

大会初日、日本代表の試合はありませんでしたが、翌日からの試合に向けて最終調整。

日本A代表の森保一監督も観に来られてました。
(スーツ着てるから市長さんかなぁと話してたら、まさかの監督でした。失礼しました。)

第2日目:日本vsタヒチ

大会2日目は日本vsタヒチ。さすが日本代表戦、たくさんの観客です。

14時キックオフ。開始から2分、大場選手が先制点を決めるも日本リードはわずか1分。

1ピリオドは2−3、日本1点ビハインドで終わります。

ハーフタイムショー

第2ピリオドも日本は点を決められず、2−4と2点差をつけられますが、
第3ピリオド日本が必死に追いつき4−4で延長戦に突入します。

延長戦でも決着をつけることができず、試合はPK戦に。

タヒチ代表5人目の選手がシュートを外し、日本代表が勝利を飾りました。

第3日目:日本vsスペイン

大会最終日は日本vsスペインです。日曜日ということもあり観客数は1300人を超えたそう。

第1ピリオドは両者ゴールを決めることができず、0−0。

ハーフタイムショー

第2ピリオドで3−5と大きくスコアが動きますが、日本は最後まで逆転することはできず、
3−6でスペインに敗れました。

試合終了後、選手によるサインボールのプレゼントがありました。

ラモス監督は子供からも大人からも大人気。嫌な顔一つせず、おひとりおひとりにファンサービス。

ビーチサッカー日本代表はこのあと、
10月にWorld Beach Games@カタール
11月にIntercontinental Beach Soccer Cup@ドバイ
そしてFIFA Beach Soccer World Cup@パラグアイ
とまだまだ国際大会が続きます。

ラモスジャパン頑張れ〜

この記事を書いた人
ゆうこりん

フットボールと旅をこよなく愛するアラサー女子

沖縄⇄大阪⇄海外を行ったり来たりしています。

詳しいプロフィールはこちら

ゆうこりんをフォローする
Footballビーチサッカー
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
世界が遊び場 ゆうこりんの旅ブログ 〜サッカー x 旅〜