海外一人旅:キャスター付きバックパックのオススメ|ソロツーリスト ・アブロードキャリー

旅の準備
スポンサーリンク
 
初めてのバックパック旅行、どんなカバンを選べばいいのかわからないですよね。
 
初めてのバックパック旅行といえば、心配性の私は少し大きめのカバンを買い
旅の途中から重たいカバンを背負うのが億劫になり、観光を全力で楽しめなくなった経験があります。
 
そんな悲しい事態を避けるためにも、カバン選びは慎重に行って欲しいもの。
 
2018年夏に52日間旅を共にしたバッグのレビューをお届けしますので、
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。
 
2018年6月12日〜2018年8月2日(52日間)
日本→フランス→ポルトガル→ロシア→イスラエル→モロッコ→スペイン→日本

バックパックorキャリーケース?

「バックパッカーになるぞ!」と意気込んでいるところ、出鼻をくじくようで大変恐縮ですが、

まずバックパックはオススメしません。

おいおいおいおい、それじゃ参考にならないじゃないかという声が聞こえてきそうですが
その理由を聞いてください。

私の初めてのバックパック旅行はドイツ3週間の旅だったのですが、
荷物が多すぎたのか、フィッティングの調整が悪かったのか、肩と腰を痛めてしまい
途中から旅が辛くなってしまった経験があります。

それじゃあスーツケースがベター?

いいえ、違います。

私が52日間の海外旅行に選んだバック、それは「キャスター付きバックパック」

結論から言うと、キャスター付きバックパック最高!

・バックパックは背負い続けるのが大変
・スーツケースは石畳の上だと転がすのが大変

という2つの問題を見事に解決してくれる画期的なバッグ。

背負うときのストラップは使わないときは収納できるようになっています。

背負わなくて良い。これがどれだけ精神的にも体力的にも負担が軽かったことか。

そしてもう1つの石畳問題ですが、ぶっちゃけます。

「全然普通にコロコロできるやん」

イスラエルは石畳が多かったり、モロッコは舗装されてない凸凹道が多かったのですが、
実は1回も背負うことなくずっとコロコロ転がしていました。ですがキャスターは1度も潰れていません。

じゃあスーツケースでいいじゃないかと思うかもしれませんが、
キャスター付きバックパックにはいざとなった時に背負えるという安心感がついてきます。

つまりキャスター付きバックパックを選ばない選択肢はない、というのが私の意見です。

もう少し詳しくキャスター付きバックのメリットを紹介します。

私が実際に使用したバックはこちら。

メリット①肩や腰の負担が少ない

冒頭でも申し上げましたが、バックパックはとにかく体への負担が大きい。
海外旅行は思っているより移動時間が多いです。
空港は広いし、空港から駅、駅からホテル、など荷物を持って歩く場面は結構あります。
安いホステルに泊まるなら駅から少し離れている場合も多いです。
長時間コロコロしていると少し腕が疲れますが、バックパックによる疲労に比べるとなんでもありません。

バックパックは電車やバスに乗るたび、肩から下ろしてまた背負わなければいけません。
これが結構腰にきます。その手間がいらないのはキャスター付きのメリットの1つ。

メリット②防犯性が高い

バックパックは当然ですが自分の背中にあるので視界に入りません。
なのでジッパーを開けられて荷物を盗られても気づかない場合があります。

「カバン触られたら誰でも気づくやろ。」

そう思いますよね?

いやいやいや。甘いです。

スペインのバルセロナで軽いリュックサックを背負っていた時に
チャックを閉じたカバンの中から財布だけ盗られた経験があるのですが、
それはあっぱれ!と言うしかないほど一瞬の出来事で全く気付かないほど見事な手口でした。
(バルセロナでリュックを後ろに背負ってる時点で盗って下さいと言ってるものですが・・・。反省。)

何が言いたいかと言うと、バックパックはキャリータイプに比べてやはり防犯性が劣ってしまいます。

海外で自分の身を守るのは自分しかいません。
常に気を張っている状態で、後ろの荷物にまで気を配るのは想像以上に疲れます。
無駄にエネルギーを使うのは極力避けたいところ。
なので視界に入りやすいキャリータイプの方がおすすめです。

メリット③荷物の整理がしやすい

バックパックは下の荷物が取り出しにくいイメージがありますよね。

初めて買ったバックパックはまさにそうだったのですが、
今使用しているキャスター付きバックパックは
ファスナーがかなり広く開くので荷物の出し入れがしにくいと感じたことはありません。
中に仕切りも付いているのでとても楽に荷物の整頓ができます。

実際にこのタイプのバッグを使用してみて、スーツケースより優れていると感じることが1つあります。

それは、狭い部屋でも荷物の整理がしやすいと言うこと。

スーツケースならパッカーンと全部開かないといけないので、かなりの面積が要りますよね?
バックパックならスーツケースの半分のスペースで済みます。

安い宿のドミトリーは床面積が広くないところも多く、スーツケースを広げるのも一苦労という時があります。
なんとか広げることができても、他の宿泊者の方が通りにくくなったりすることも。

ですが、バックパックならその問題を解決してくれるということに気づきました。

ソロ・ツーリスト「アブロードキャリー43L」を選んだ理由

・ファスナーを開けることによって容量の拡張が可能(5cm広がる)
 →お土産が増えても大丈夫。しかもソフトキャリーなので思ってるより広がります。

・機内持ち込み可能サイズ(43Lのみ)
 →国際線は液体持ち込み制限があるので実際に機内に持ち込むことはなかったのですが、国内線で活躍。
  (女子は化粧水やシャンプーなどこだわりがある人が多いかと)

・ハンドルが2本パイプで安定性がある。そしてキャリーオンバッグをかけることができる。

・スクエア型で飽きのこないシンプルなデザイン

カラーはブラック・グレープ・メランジグレーの3種類。

容量は43L・57L・70Lとありますが、
57Lを背負ってみるとやや大きすぎると感じたので私は43Lを選びました。(身長は158cmです)

床に置くとこんな感じです。(関空にて)

キャリー付きバックパックには折り畳みができるキャリーオンバッグをかけています。
(黒同士で少し見にくくてすみません)

私は東急ハンズにて試しに背負い、後日ネットで購入しました。
(ショップによっては旅行用品がおまけでついてくるところやポイントUPのところもあり)

Amazonなどのレビューを見ると、高身長の方はハンドルが少し短いと感じている方も
いらっしゃるようなので、もしお近くにカバンの取り扱いがあるお店があれば
実際にお手に取ってみることをお勧めします。(初めてバックパックを買うなら尚更)

素敵なカバンと巡り会えますように。

この記事を書いた人
ゆうこりん

フットボールと旅をこよなく愛するアラサー女子

沖縄⇄大阪⇄海外を行ったり来たりしています。

詳しいプロフィールはこちら

ゆうこりんをフォローする
旅の準備
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
世界が遊び場 ゆうこりんの旅ブログ 〜サッカー x 旅〜