ホームプロジェクター|自宅で大画面サッカー観戦のおすすめ

Football
スポンサーリンク

普段あなたはどこでサッカーを観戦しますか?

スタジアムでがっつり応援しながら観戦。

スポーツバーでわいわい騒ぎながら観戦。

自宅でゆったりと観戦。

様々な形があると思います。

私は昔から海外サッカーが好きで
ひとりでよくスポーツバーに足を運んでいました。

日本代表戦の時は友人と一緒にパブリックビューイングに行くことも。

しかし、人数が多いと応援も盛り上がりとても楽しいのですが、
ハーフタイムのカウンターの混雑が少しネックでした。

後半戦が始まるまでに席に戻れるかどうか
熱い戦いはピッチの外でも繰り広げられているのです。

迫力ある大画面で観たいけど人混みや時間を気にしたくない、
家でゆっくりと観たい、と思う方にはホームプロジェクターがおすすめ。

「プロジェクターって高いし、部屋が広くないとだめなんじゃないの?」

そんな心配はご無用。

私がはじめてプロジェクターを置いた部屋は6畳でしたが、
たった6畳の狭いスペースでも何の問題もなく設置することができました。

   

私が使用しているプロジェクターはエプソンのEH-TW410。(製造終了)

スクリーンのサイズは、プロジェクター本体からスクリーンまでの距離によって投写サイズが変わります。

EPSON EH-TW410

気になるお値段ですが、長期保証込みで約5万円でした。

約2mの距離で70型、3mの距離で100型の映像が映し出されます。

70型のテレビを購入しようとすれば軽く何十万としますが、
プロジェクターなら5、6万円でおさまります。

現在はプロジェクターが進化し続け、
「壁の前に置くだけで最大130インチの4K大画面」が楽しめるプロジェクターもあります。

EH-LS500B/W詳細ページはこちら

もちろんこのようなハイスペックのプロジェクターはお値段もそれなりですが、
スクリーンを使わず直接壁に映し出せば、お部屋がすっきりと見えてメリットが多いですよね。

そこまでハイスペックなものは求めていない。
お手頃なお値段でそこそこ楽しめればいい、という方にはこちらのカジュアルな商品がおすすめ。

もちろんスマートフォンやタブレットなどの端末機器を繋いで楽しむこともできます。

テレビ放送していないブラインドサッカーやビーチサッカー観戦もこのようにパソコンと繋いでばっちり。

MacとプロジェクターをつなぐHDMIケーブルはこちらを使用しています。

ひとりでじっくりと試合を味わうのもよし。友達を呼んでわいわいするのもよし。

素敵なサッカーライフをお過ごしください。

この記事を書いた人
ゆうこりん

フットボールと旅をこよなく愛するアラサー女子

沖縄⇄大阪⇄海外を行ったり来たりしています。

詳しいプロフィールはこちら

ゆうこりんをフォローする
Footballサッカー
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
世界が遊び場 ゆうこりんの旅ブログ 〜サッカー x 旅〜