【大会情報】第10回FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019

Football

第10回FIFAビーチサッカーワールドカップパラグアイ2019

ビーチサッカーワールドカップの歴史

1995年 第1回ビーチサッカー世界選手権がブラジルのリオデジャネイロで開催。

2005年 FIFA主催の大会となり、名称もビーチサッカーワールドカップへと変わる。

2008年 2007年までは毎年ブラジルで開催されていたが、2008年より開催国が持ち回り制となる。

2009年 2008年までは毎年開催していたが、2009年以降は隔年開催となる。

日本代表 ビーチサッカーワールドカップ大会成績

開催年 開催地 日本大会成績
第1回(2005年) ブラジル 4位
第2回(2006年) ブラジル ベスト8
第3回(2007年) ブラジル グループステージ敗退
第4回(2008年) フランス グループステージ敗退
第5回(2009年) ドバイ ベスト8
第6回(2011年) イタリア グループステージ敗退
第7回(2013年) タヒチ ベスト8
第8回(2015年 ポルトガル ベスト8
第9回(2017年) バハマ グループステージ敗退

 

第10回ビーチサッカーワールドカップ2019

開催国:パラグアイ(初)

開催スタジアム: Beach Soccer Stadium, アスンシオン
住所:Paraguayan Olympic Committee Acceso Ñu Guazú, Luque, Paraguay
収容人数:3,150人
建設年:2019年

日程:2019年11月21日(木)〜12月1日(日)

出場国数:16カ国

組み合わせ抽選会実施日:2019年9月13日(金)

大会方式:各大陸の予選大会を勝ち抜いた全16チームが、4チーム4グループに分かれ総当たり方式のグループリーグを戦う。各グループの上位2チームがノックアウト方式の決勝トーナメントへと進む。

公式サイト:https://www.fifa.com/beachsoccerworldcup/

出場チーム

大陸連盟 出場国
AFC(アジア) 日本、オマーン、UAE
CAF(アフリカ) ナイジェリア、セネガル
CONCACAF (北中米カリブ海) メキシコ、アメリカ
CONMEBOL (南米) ブラジル、パラグアイ、ウルグアイ
OFC (オセアニア) タヒチ
UEFA (欧州)) ベラルーシ、イタリア、ポルトガル、ロシア、スイス

⬇︎国名横の(数字)は2019年10月時点の世界ランキング。Beach Soccer Worlwideより。

GROUP A パラグアイ(6)、日本(12)、スイス(8)、アメリカ(15)
GROUP B ウルグアイ(14)、メキシコ(10)、イタリア(4)、タヒチ(9)
GROUP C ベラルーシ(18)、UAE(13)、セネガル(11)、ロシア(3)、
GROUP D ブラジル(1)、オマーン(22)、ポルトガル(2)、ナイジェリア(21)

マッチスケジュール

日本代表マッチスケジュール

  対戦相手 対戦日時()内は日本時間…時差+12時間
第1戦 パラグアイ 11月21日 21:00(11月22日 9:00)
第2戦 アメリカ 11月23日 17:50(11月24日 5:50)
第3戦 スイス 11月25日 17:50(11月26日 5:50)

決勝トーナメント

準々決勝 11月28日 GS1位通過→21:00 GS2位通過→19:25(11月29日 9:00または7:25)
準決勝 11月30日 第1試合 16:15 第2試合 18:00(12月1日 4:15または6:00)
3位決定戦 12月1日 16:15(12月2日 4:15)
決勝 12月1日 18:00(12月2日 6:00)

 

この記事を書いた人
ゆうこりん

フットボールと旅をこよなく愛するアラサー女子

沖縄⇄大阪⇄海外を行ったり来たりしています。

詳しいプロフィールはこちら

ゆうこりんをフォローする
Footballビーチサッカー
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
地球が遊び場 ゆうこりんの旅ブログ 〜サッカー x 旅〜