世界旅行記2018【ロシア】W杯観戦③ポーランド戦 in ヴォルゴグラード編

Football
 
2018年6月12日〜2018年8月2日(52日間)
日本→フランス→ポルトガル→ロシア→イスラエル→モロッコ→スペイン→日本

■27日 12:16pm モスクワ→28日 11:29am ヴォルゴグラード

日本試合第3戦目の決戦地ヴォルゴグラードへ向かうため再びFIFA列車。

W杯観戦記①と②をお読みいただいている方はそろそろお気づきでしょうか、
試合が終わるたびに必ず一度モスクワへ戻っていることを。

かなり非効率に見えますが、これは意図的に戻ってます。

一体なぜか、すべては宿代の節約に。

一泊分ないし二泊分の宿代が浮くので貧乏バックパッカーとしては非常に有難い。

お風呂に入れないのはストレスですが、慣れていく恐ろしさを感じつつも
なんだかんだでそういう状況も楽しんでいる自分。汗拭きシートはマストアイテムです。

駅に到着。

宿の近くには市場があり、おじさんが笑顔で手を振ってくれました。

宿に荷物を置き、スタジアムへ向かう道中、
「今日は日本の応援するから頑張ってね!」と声をかけてくれたロシア人2人組。

日本とポーランドの国旗ネイルが素敵に素敵。(赤と白だけで十分。w)

このあとスタジアムの前でも偶然また出会い、お互いビックリ。

ヴォルゴグラード・アリーナに到着。

17:00pm グループステージ③日本 vs ポーランド@Estadio Central

どうか決勝トーナメントに進めますようにと切実に願いながらキックオフを待ちます。

Cross fingers

この時はまさか試合終了前の10分前があんな展開になるとは想像すらできず。

現地スタジアムはブーイングの嵐につつまれ、異様な雰囲気。

何が起きてるのか理解ができず、日本が決勝トーナメントに進出できるという情報が
入ってくるまでかなり時間がかかりました。

ある意味歴史的な試合。西野さんすごいの一言に尽きます。

6月30日

モスクワへ戻る列車のチケットが取れなかったのでヴォルゴグラードに長期滞在することに。

スーパーへ買い出し。

ロシアっぽいかわいいデザインのペットボトル発見。

サワークリームをつけて食べるロシア風餃子「ペリエニ」を作ってみました。

夜はフランス vs アルゼンチン戦をパブリックビューイングで観ようとFAN FESTに参戦。

川沿いの街のため虫が多いとニュースで聞いたのでベープ持参。

効果があったかどうかは・・・どうでしょう。

無事に4戦目のチケットも発行し、次の目的地ロストフへ向かいます。