世界旅行記2018【イスラエル】エルサレム⑥旧市街ぶらり&スポーツカフェでW杯観戦

イスラエル
スポンサーリンク
 
2018年6月12日〜2018年8月2日(52日間)
日本→フランス→ポルトガル→ロシア→イスラエル→モロッコ→スペイン→日本
イスラエルでサッカー観戦
ロシア現地観戦は終わりましたが、ワールドカップはまだ続いています。
 
どこかお店で見れないかと思い、旧市街地にあるスポーツカフェへ。
 
⬜︎7月6日 準々決勝:フランス vs ウルグアイ
 
 
 
カフェのオーナーが日本のクリーン活動を褒めてくれたり、隣に座っていたフランス人のおじさんに
「2−0でフランスが勝ってるけど、日本対ベルギー戦みたいに逆転される可能性があるからまだまだ喜べないね!w」と皮肉たっぷりの冗談を言われて笑いあったり、本当に世界中の人がいろんな場所でW杯を楽しんでいるんだなぁということを実感した時間でした。
 
サッカーで世界平和は成せるとあらためて確信。
 
そしてとりあえずムバッペを褒めたらフランス人は喜ぶということも学んだ時間でした。
 
⬜︎7月7日 準々決勝:ブラジル vs ベルギー
 
広場でパブリックビューイングをやってるという情報をかぎつけ参戦。
 
 
こちらでのサッカー観戦のお供はシーシャ(水タバコ)。
 
旧市街地をぶらぶら
エルサレム旧市街は4つの区画に分けられており、キリスト教徒地区、ユダヤ教徒地区、ムスリム地区、アルメニア人地区があります。
 
同じ城壁内にあるのに地区によって雰囲気が全く異なるので、散策してるだけでとても楽しいです。

まるで昔にタイムスリップしたかのような感覚

ユダヤ教徒地区へようこそという看板

 

スパイスマニアにはたまらない、であろう

色とりどりの野菜たち

漬物?

見るからに着色料ふんだんのお菓子。食べる勇気は、ない。

路地で少年がサッカー

キリスト教徒区の商店街。十字架をモチーフにしたお土産がたくさん。

フレッシュジュース

まいうー

遠くをみつめるおじいさん

パン屋さん

別のお店で買ったセサミパン。素朴な味で美味しい。

至る所に生搾りジュース屋さんあり

キップ専門店

夜の商店街は人気がなくてすこし怖い

ちょっぴり危なかったエピソード
あるお店でアクセサリーをみていると、そこのオーナーに気に入られたのか、結婚をせまる勢いでアタック攻撃に合いました。
 
君はとても美しい!とか、こんなに目が綺麗な人は見たことがないとか、とにかく褒めちぎり。
 
君にはこれが似合うと思う、と店の奥からディスプレイされていないウン十万(本当かどうかはわからない)の
ジュエリーやら伝統服を持ってきては着けさせられ、着せ替え人形状態。
 
最初はこちらもキャッキャ楽しんでましたが、だんだん距離が近くなってきたので
こりゃそろそろ退散せねばヤバイと感じ、帰ろうとしたら案の定強引な引き止め。
 
彼がいてるしこれ以上仲良くなるつもりはありませんと言っても、”It’s OK.”
 
(いやいや、OKじゃねーよ。)
 
“彼氏がいても僕は構わない。This is a secret between YOU and ME.”
 
(ユーアンドミーを強調すなっっっ!)
 
神様はすべてご覧になってるよと反撃すると”I don’t mind.”
 
(信仰の国じゃないのかここは!Σ(゚д゚lll))
 
なんとか諦めてくれたオーナーは、最後にお茶をご馳走してくれて、出会った記念にこの中から好きなものを持っていってくれていいよと、数種類のアクセサリーの中からアメジストのピアスをプレゼントしてくれました。

変な薬を入れられてないか少しビビるもいただく。普通のミントティーでした〜

多分こんな感じで今までたくさんの日本人の女の子を口説いてきたことでしょう。
(日本人ははっきりNOと言えない国民ということを知っています。)
 
押しに弱いと自覚のある女の子は十分に気をつけてくださいね。
この記事を書いた人
ゆうこりん

フットボールと旅をこよなく愛するアラサー女子

沖縄⇄大阪⇄海外を行ったり来たりしています。

詳しいプロフィールはこちら

ゆうこりんをフォローする
イスラエル海外旅行
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
世界が遊び場 ゆうこりんの旅ブログ 〜サッカー x 旅〜