ドイツ女一人旅①Bacharach古城ユースホステルに宿泊

ドイツ

2007年8月、大学2年生の夏休み、人生初の一人旅へ。

大学入学以来、毎日英語漬けの日々だったので
どのくらい自分の英語が通じるようになったか試したい。
そういった思いから一人で海外に行ってみようと計画。

色々調べていると、
現地集合で宿泊費・食費を負担してくれる国際ボランティアというものを発見。

国際ボランティアNGOのNICE
(1990年設立。国内・海外約90か国でワークキャンプを実施)

その国際ボランティアは様々な国から参加者が集まってきます。
英語の練習に打って付け。
少ない滞在費で長い期間滞在ができる。
これを利用しない手はない。

・行ったことがない国
・英語がある程度通じる国
・治安が悪くない国
・サッカーが観れる国

という条件で探した結果、行き先をドイツに決定。

関空を出発し、フランクフルト空港に到着。

ボランティアに参加する前に数日観光する時間を作りました。

フランクフルト周辺で行ける人気の観光スポットBacharachをチョイス。

Bacharach(バッハラッハ)は人口約2,000人のライン川沿いにある小さな街。
ライン川を望む高台に建てられた古城に泊まることができる
ユースホステルがあることでも有名です。

フランクフルトからマインツを通過してバッララッハへ。
空港からは約1時間。運賃は20ユーロ前後。
(ドイツ鉄道の時刻表の検索はこちら)

その有名なユースホステルに泊まるべく、
丘の上を目指して石畳の道を進み山道をてくてく。

スーツケースの方はとても大変そうだったので
背負えるバックパックが断然オススメです。

歩き始めて約20分、ようやく目的地に到着。

Youth Hostel Bacharach

シュターレック城を改装したこのユースホステルはまさに「ヨーロッパのお城」

お城からはライン川の素晴らしい景色が見渡せます。

古城に泊まるなんて、なかなかできない貴重な体験です。

ドイツに行かれた際はぜひバッハラッハに立ち寄ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました