【メキシコ】飲めても飲めなくても楽しめる。世界遺産テキーラ村でかわいい樽バスに乗って工場見学

メキシコ

■2013年4月28日 旅行4日目

グアダラハラから車を1時間ほど走らせ、世界遺産に登録されている「テキーラ村」へ。

かわいい樽バスに乗って、蒸留所見学ツアーへ出発!

原材料となるアガベが一面に広がる畑は圧巻です。

(みんなが手に持ってるのはビール。)

このアロエによく似たアガベですが、原料として使用するのは茎(球茎)の部分。

アガベの葉先を切り落として、球茎だけになった姿がパイナップルにそっくりなことから、
テキーラ業界では「ピニャ(スペイン語でパイナップル)」と呼ばれているそう。

このピニャを蒸して糖分を引き出し、それを搾汁し、発酵・蒸留を経てテキーラとなります。

試飲コーナーもあり。

ガブガブ飲みすぎてツアーで何を見たか覚えていない、なんてならないように気をつけてくださいね。

お土産屋さんにはテキーラだけではなく、日本でも女性に人気のアガベシロップも置いてありました。

テキーラ村見学後はレストランでメキシコ料理を堪能。

テキーラ村はテキーラが大好きな人にとっては夢のような場所ですし、お酒・テキーラが飲めなくても雰囲気を楽しめる場所でした!

タイトルとURLをコピーしました